地域コミュニティを「松阪」に確立させたい人。

とある人に送った暑苦しいメッセージ。
個人に送りつけてどんだけ、よ、
とあとから反省する。

ちょっと追記してここに残しておきます。
どうしたらできるのか。なにをすれば近付けるのか。わたしは身動きが取れずいつまでも苦しい。

*****

わたし自身、子どもが小さい頃、大変しんどい育児を経験しました。義母は祖父母の介護、実母はまだフルタイムワーカー。旦那は土日祝日年中無休の仕事のシフト勤務。

家族に頼れる人はいなく、コミュニケーションに難があるわたしは、友達すらまともにおらず、一人で子育てをすることになりました。いわゆる孤育てというやつだ。

支援センターに行っても、松阪市の健康センター(はるる)で相談しても、なにも解決することができませんでした。

そんな中、いまのマザーズライフサポーターに関わらせてもらう中で、自分のポジションや、マザーズの理念である「未来は子どもを喜ぶ社会の先に」。これが、実現するのであれば、どんなに幸せなことだろう、と感じているのです。

http://motherslife.info
未来は子どもを喜ぶ社会の先に。
https://m.facebook.com/motherslifesupporter/?locale2=ja_JP
https://m.facebook.com/SuzukaNicoMama/?locale2=ja_JP

困っているママを助けたい、と。みんなそれぞれが、それぞれに「子ども」をみて、未来をよくしたい、そう願っているはずなのに、うまく回っていないのがこの松阪なんじゃないかな、と感じているのです。

たくさんの「想い」を総括できるような「地域コミュニティ」を作りたい。それがわたしの想いなんです。

どうしたらできるだろう?

そのひとつに、まずは理事長の講演会イベントを開催しようかな…と思ったのですが、イベントなんてしたこともなく💦
それこそ資金面もありで手詰まり〜〜😭😭

https://cocorobito.com/campaign/23/-6

子どもが生まれるまでは自分の好きなときに、好きなように動けた。行こうと思えばきっとどこにだっていけた。
理事長は「子どもを理由にしたことがない」とわたしに言ったのだけれども、どんだけ本気の想いだって、わたしは子どもありきでは身動きが取れない。これが「わたしの現実」だ。

彼らを納得させて行動させるだけの力や説得力がわたしにはない。

だから今はこうして発信するだけのことでさえも、わたしは保育園に預けて限られた9〜16時の時間でしか、することができない。

与えてもらいたければ、与え続けろ。
わたしにはなにができるのだろうか。
スキルもなにも持たないわたしに、果たしてなにができるのだろうか…。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする